【PSO2】物議をかもしている「幻創戦艦・大和」について、酒井Pの熱い思いがアップされました。

既に公式でも発表されているとおり、新レイドボス「幻創戦艦・大和」が実装されます。
ネット上ではいろんな反響を呼びましたが、その中でも「大和と戦うのか」、「菊花紋章にたてつくのか」といった批判的な内容も多かったようです。

確かに大和は日本の戦艦でも一番有名でしょう。
私が一番よく知っている大和は宇宙戦艦ヤマトですけど(汗

軍事評論家でもないし、大和について調べたこともないですが、それでも「大和」が偉大であったということくらいは知っています。
私より年を取られている方々のほうが大和に対する思い入れが強いこともわかるので、大和と戦うことに抵抗が生まれるのも必然ではあります。

と、いうような意見が多数SEGAに寄せられたのでしょう。
公式HPに「幻創戦艦・大和についてのご説明」のお知らせがアップされました。

スポンサーリンク

まずは「幻創戦艦・大和」の解釈から

まず、この「幻創戦艦・大和」という新レイドボスは、幻から作り出されて自らの意思で動く仮想の存在であり、史実上の「戦艦大和」とは違うものであり、その「戦艦大和」を破壊するものではないとのことです。

2016-03-03_22h26_42
(公式より)

そりゃそうですよね(汗
むしろこれはみなさんわかっていることと思います。

・・・そうですよね?

とはいえ心情的に「大和を攻撃する」という行為に抵抗があると思われる方もいらっしゃることでしょう。
そういった方のためにも、今回のお知らせをアップしたのでしょうし。

また、史実上の大和ではありえない攻撃方法を用いることで、大和をモチーフとしながらも、大和とは違う存在であることをアピールしたOPムービーを作り上げていました。

大和実装と同じタイミングで流れる、このOPムービー確かにかっこいいです。
特にA.I.Sがw
私としては一刻も早くプレイしてみたいものです。

スポンサーリンク

そして問題の「菊花紋章」について

これまた大いに反響を呼んだ菊花紋章です。
PSO2に限らず、その他のプラモや映画などで登場する大和にも菊花紋章は再現されているとのこと。
菊花紋章の使用について知的財産上、法務上の問題はないことの確認は取れているそうです。

2016-03-03_22h28_17
(公式より)

もちろん幻創戦艦・大和にも、細部は異なるとのことですが、菊花紋章は艦首に鎮座?しておられます。
菊花紋章は戦艦大和のデザイン上、重要な部分であることを踏まえた結果、ムービーでの登場シーンでは非常に目立つ演出となっていました。

ちなみに菊花紋章にもいろいろあるようなのですが、八重菊を図案化した菊紋である十六八重表菊は、日本の天皇および皇室を表す紋章とのこと(wiki参照)
幻創戦艦・大和に付いていた菊花紋章も、この十六八重表菊をモチーフとしたものであるように見受けられますので、「天皇および皇室に敵意」というイメージを与えたのでしょう。
もちろんSEGAさんにそのような意図は全くないんでしょうけど(汗

ちなみに、この紋章を部位破壊できるという仕様はないそうです。

スポンサーリンク

菊花紋章は使わないそうです

この件について、いったいどれだけの問い合わせがあったのはかSEGAさんに聞いてみないとわかりませんが(聞いても教えてくれないだろうけど)、菊花紋章は全く別のデザインに変更するそうです。

2016-03-03_22h30_07
(公式より)

・・・ええ、冒頭の動画を見る限り、完全に大和ではなくなりました(汗

これでよかったのかもしれませんが、問い合わせした方々はPSO2プレイヤーなのでしょうか?
・・・すこし疑問です。
私としてはゲームとしてただただ楽しみたいとの思いのほうが強いので、強いヤツ(大和)と戦えると思うと、オラ、ワクワクすっぞ!だったんですけどねw

まぁ、運営が変えると決めた以上、どうしようもないですが、印象こそ違えど新しいレイドボスの実装は楽しみです。

男の子は「強いものと戦いたい」と思うのは共通心理ではないでしょうか?
最強の戦艦と戦うのは夢の一つでしょうし、さらに「A.I.S」というロボットに乗って空中戦を繰り広げるなんて、真面目な歴史ゲームや、ファンタジーゲームにはできないことで、なんでもありのSFゲームの世界でしか、『PSO2』でしかできないことです。だからこそ、「幻創戦艦・大和」を登場させたい、と思ったのです。
(公式より引用)

・・・まぁ、ごもっともなお話なんですけど「男の子」って・・・。
3?歳妻子持ちでも男の子に入りますか?(さすがに実年齢を記載するのは抵抗ががが)
いや!気持ちは今でも・・・嘘です(汗
ちなみにアークス最高齢の方って何歳くらいなんでしょ?

そしてしれっと「最強の戦艦と戦うのは夢の一つでしょうし」?

・・・そうなんすか?

まぁ、たしかに「俺より強い奴に会いに行く」なんてキャッチを謳ったゲームもありますし、最強を求めることに異論はありませんが、相手は戦艦です。
少々分が悪くございませんかね?

ゲームは幅広いエンターテイメントです。戦争についての問題や、歴史の重さを受け止めつつ、今回のエネミー化をエンターテイメントにおける表現の一つとして許容いただければ幸いです。
(公式より引用)

学校では教えてもらえない、本当の意味での戦争の恐怖は、私にはわかりませんし、簡単にわかってるなんて言ってはいけないことだと思っています。
ましてや結婚して子供もできると特にそう思います。

戦争、ダメぜったい。

そのうえで、エンターテイメントとして実装してくるSEGAさんの精神に脱帽しますw

プレイヤーの皆さんは、5月の実装について、ぜひ楽しみにしていただければと思います。
これからも『PSO2』は、『PSO2』にしかできないオンリーワンのコンテンツを作ってまいりますので、どうぞご期待ください。
(公式より引用)

難易度がどの程度のものなのか、攻略に必要な情報収集やクラス構成などをプレイヤーたちが考えている様を想像してウキャウキャ言ってんでしょSEGAさん?
そしてこれこそがレイドの醍醐味でもありますしねw
防衛線:終焉でアプレンティスに極太ビームを発射されて、成すすべもなく塔を破壊されたトラウマが今でも甦ります(涙

でも、きっと面白いクエストになりそうな気配が漂っていますので、むろん期待していますよ!

ちなみに酒井Pの熱い思いは、ここでは紹介しきれないので冒頭のリンクから公式へアクセスしてみてください。

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂くと更新頻度が増えるかも♪
PSO2サポーターズリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP