【PSO2】勇者よ来たれ!PSO2開発スタッフ、アートスタッフ募集中!

なーんか面白いネタでも転がってないかなぁなんて、ネットをブラブラ?していた矢先、PSO2のプレイヤーズサイトにこんなバナーが貼られていることに気づきました。

2016-10-28_20h23_27
(©SEGA)

う~ん、こんなの今まであったっけ?
とまぁ、存在の有無はいいとして、中途採用でPSO2開発スタッフ、アートスタッフを募集しているとのこと。
ふむ、私も開発者の端くれ。
内容だけでもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

PSO2開発スタッフ募集中!

今回新しく募集を始めた職種は、ゲームプログラマのサーバーサイド部分とのことです。
サーバーサイドって言われても幅が広すぎて一体何をするのやら・・・?
もう少し詳しい情報を見てみます。

2016-10-28_13h51_00
(©SEGA)

だからサーバーサイドプログラミングってなんぞや?

・・・これが分からない人は受けても落ちるでしょうね(汗

「オンラインゲームのサーバ/ネットワーク/DBの設計、開発」と分けて記載しているってことは、これがサーバーサイドプログラミングではないことを指していることが分かります。

ようするにサーバーサイドプログラミングはクライアント・サーバ間のインターフェース制御やハードとの連携部分のプログラミングになるんでしょう。
もう一つの、サーバ/ネットワーク/DBの設計、開発って部分は読んで字のごとく対応する機器の管理・運用ですね。

小難しそうに書かれていますが、WANを介したクラサバ系システムを組んだことがあれば、誰でも通った道なんじゃないかと思います。

・・・規模感は違うでしょうけど(汗

2016-10-28_13h51_09
(©SEGA)

入社後に研修もあるし、それ以外の各種研修・教育制度もあるそうです。
うらやましぃ~!
私が今の会社に中途で就職したときは10人そこらの人員で、全国へシステムを卸していたので、まともな研修もなく・・・というか研修という制度すらなく、北は北海道、南は九州まで全国行脚させられたものです(汗

それはそれとしてただし書きがあり、中途採用は即戦力を想定しているため、戦力として認められなかった場合は・・・あとは分かるな(汗

2016-10-28_13h57_24
(©SEGA)

必須資格を提示するのは分かるのですが、
WindowsやLinuxでのサーバープログラム開発の実務経験のある方が、フリーでどれくらいいるのか?
なかなか無茶な要求だと思いますが(汗
最後の資格なんか、必須資格というより求められる人物像のほうでは?

超ポジティブなヤツなんかになると必須資格を無視して応募してきたりしますけどね(汗

2016-10-28_14h07_04
(©SEGA)

勤務時間や休日・休暇は一般的な企業と何ら変わりはありませんね。
気になるのは福利厚生のセガマイレージ制度(カフェテリアプラン)。
レジャーや自己啓発などを市価に比べ安価に利用できる制度とのことです。

・・・安価でACチャージとかもできますか?(汗

2016-10-28_14h07_18
(©SEGA)

勤務地は当然のごとく東京・・・
岡山にサテライトオフィス作りませんか?

スポンサーリンク

アートスタッフ募集中!

上の開発スタッフは正社員としての募集でしたが、こちらはバイトとなっています。
PG開発・設計一筋できたので、私としてはこういったデザインが出来る方って尊敬に値します。

2016-10-28_14h59_38
(©SEGA)

業務内容ですが、各種コンセプトアート、設定画、イラスト、ロゴ等作成。
ようするにゲームに直接かかわる部分ではなく、前段階の設定資料的な位置づけのもののようですね。

2016-10-28_15h00_14
(©SEGA)

応募資格の必須スキルに高卒以上とありますが、高卒未満でも健康的で責任感が強くクオリティの高いアート制作者が身近にいるんですが、そういった方は対象外なんでしょうか?
歓迎するスキルにPSO2やオンゲのプレイ経験が豊富な方とありますが、長い間ゲームに触れている方のほうが入り込みやすいということなんでしょうね。

2016-10-28_15h00_22
(©SEGA)

時給は1,000円からスタートする感じですね。
でもってゲーム開発経験者は時給優遇。
その他にも交通費や残業手当、有給や各種社会保険への加入なんかもあります。

応募方法は指定の送付先に履歴書やポートフォリオを送る形となります。
ポ、ポート・・・フォリオ?
あ、あー・・・あれでしょ?自分の履歴や能力を周囲に伝えるための作品集のことですよね(今調べた
ポートフォリオについてはDVDやCDでの提出の他に各種ストレージサービスも利用してよいとのこと。
時代は進んだなぁ(汗

スポンサーリンク

他にもたくさん募集しています!

セガゲームスコンシューマ・オンラインカンパニーのサイトを見てみると他にもたくさんの職種で募集していることが分かります。
あんまりたくさん募集が出ていると、それだけ人の出入りが多いのかと勘ぐってしまいますが、実際のところは分かりません。

2016-10-28_19h07_00
(©SEGA)

具体的にPSO2関連での募集もあれば、広義のプロデューサーからプログラマー、デザイナー、運営に至るまで多種多様。

優秀な人材が欲しいのはどの業界でも当たり前でしょう。
今やゲームはいろんな垣根を飛び越え、マルチプラットフォームで楽しめるのが当たり前になっています。
PSO2もPC版からVita、スマホ、PS4と拡張されてきました。
知らなかったのですが、MHFGもPS3やVitaでプレイできるようになっていました。さらに2016年11月9日のアップデートでMHFZと名前を変え、同年11月22日からはPS4でもプレイできるようになるとのこと。

・・・MHFZ始まったな(汗

マルチ環境の強みは、プラットフォームの違いでプレイできないユーザーを取りこぼすことなく拾い上げることが出来ます。
PC版のオンラインゲームをプレイするためには、それ用にPCを購入しなければいけません。
その逆でコンシューマ機は持っているけどPCを持ってない人もいるでしょう。
それぞれの環境で同じゲームがプレイできるというのは、ユーザーにとっても運営にとってもメリットが大きく、無視できないポイントでしょう。
そのためにも、いかに素早くマルチプラットフォームで市場に投入できるかはキーポイントになると思います。

上に張った画像のデザイナーの募集要項のすべてに「PS3、PS4、Xbox360、Xbox Oneのいずれかの開発経験のある方 組める方」と記載されているところを見ると、その重要さが分かるのではと思います。
開発側は大変だとは思いますが、出来ればこの流れは変わってほしくないので、マルチ環境でプレイできる様、今後も頑張ってもらいたいですね。

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂くと更新頻度が増えるかも♪
PSO2サポーターズリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP