声優・阿澄佳奈の裏名義は?!妊娠説や結婚相手、カップや年収も調査!【PSO2パティ役】

 

小学生のときご両親が撮影してくれていた運動会ビデオ。
初めてメディアを通して聴いた自分の変な声にショックを受け、以来コンプレックスを抱いていたという『あすみん』こと阿澄佳奈さん。

阿澄佳奈

そこから1周まわって『今』につなげ、アニメにゲームに、今や引きも切らないトップ・オブ・声優として活躍していらっしゃいますね。

そんなわけで今回は、PSO2のパティの『中の人』、あすみん こと 阿澄佳奈さんについて掘り下げてみたいと思いますよっ *^_^*♪

スポンサーリンク

 

阿澄佳奈のwiki風プロフィール!

 

阿澄佳奈 as Patty 出典:pso2es.net

 

※空欄は調査中です~m(__)m

【名 前】阿澄 佳奈(2004年10月~/同姓同名の女優である原田佳奈との混同を避けるため、芸名を阿澄佳奈とした)
【読み方】あすみ・かな
【英語表記】Kana Asumi
【愛 称】あすみん/アスミス/もこたん/みーちゃん
【本 名】原田 佳奈〔はらだ・かな〕
【PSO2役名】パティ(双子の姉妹の姉のほう)
【性 別】女性
【誕生日】1983(昭和58)年8月12日(金)
【年 齢】33歳(執筆時)
【星 座】獅子〔しし〕座
【血液型】A型
【身 長】161cm
【体 重】××kg(とても気にしており、体型を隠す服を好んで着る)
【カップ】D
【出身地】福岡県
【兄弟姉妹】
【結 婚】既婚(2014年1月15日のブログにて入籍を発表)
【旦 那】アニプレップスの社員との噂。『誠実で真面目で、普通のおやじ(あすみん談)』
【子 供】妊娠説が出てますが・・・まだっぽいなァ
【趣 味】剣道/写真撮影
【資 格】保育士免許(ちっちゃい子が好き)
【高 校】
【大 学】短大
【現住所】
【職 業】声優・歌手
【所属事務所】2008年1月7日~株式会社 81プロデュース〔エイティーワンプロデュース〕
【デビュー年】2005(平成17)年
【出演作】ひだまりスケッチ(2007年)アニメ初レギュラー初主役
【尊敬する声優】新谷良子/佐藤利奈/松来未祐(ケンカ友達?)
【好きな声優】釘宮理恵/堀江由衣
【仲良しの声優】井口裕香
【代名詞】いぇすっ!アスミス!!(『ひだまりラジオ』第5回にて松来未祐がなにげに発した言葉が発端なんだとか⇒その後、仕分けされるorz)
【好きな食べ物】アップルパイ(草加せんべいではないよ。笑)

 

2014年1月に結婚を発表したときは、『今 消えれば、アスミスの子供に転生できる可能性が』なんてツイートもあったりしましたww
人気ぶりがうかがえますねぇ。

『ゆの』ファンの痛車がお祝いしています。

アスミス教信者の痛車

 

ブロマイドや作品を全て焼き捨て、『どこがボッチで人見知りだよ?』 『詐欺師』と罵〔ののし〕るファンもいたようです。
イヤハヤ・・・・・ノーコメントです(笑)

 

彼女の所属する『81プロデュース』は280人の声優さんを擁する有名な声優事務所。
『それいけ!アンパンマン』のばいきんまんがハマり役の中尾隆聖〔なかお・りゅうせい〕さんは同じ事務所の先輩に当たります。

中尾隆聖(『アンパンマン』 ばいきんマン役)中尾隆聖さん

 

声優を目指したキッカケ

もともとアニメが大好きだった あすみん。
12歳(中学校1年生)のとき、声優さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組を聴くようになります。

彼女のターニングポイントはココだったんですね。

小学校時代に抱いた自分のヘン声へのコンプレックス。
でも、『声優』という職業ならば自分の声が生かせる!
そう感じた彼女は、声優の道を目指すことを決意します。

人気アニメ『弱虫ペダル』の主役・小野田坂道役山下大輝さんも、ハイトーンボイスが嫌いだったと話していました。
声優さんには、子供のころ自分の声にコンプレックスを抱いていた・・・という過去の持ち主が意外と多いようです。

 

高校在学中は地元・福岡県でローカルアイドル(声優ユニット)として活躍したそうです。
ルックスもバツグンですもんね。

その後、短大に進学・卒業した あすみんは、保育士として働き始めます。
しかし、声優になるという夢を諦めきれず、退職して上京。
接客などのアルバイト時代を経て、2005年に声優としてデビューしました。

 

あすみんの声質

あすみんは、声の種類は多くないものの、泣きの演技には定評があります。
声質は ややロリっぽく、幼い女の子~少女向き。
そのせいか、小ぶりなキャラの役が多いんです。

猫、豚、熱帯魚の声も担当します。
・・・・・熱帯魚の『声』って・・・・・???(笑)

 

スポンサーリンク

 

あすみんの裏名義?!

声優さんがちょっとアレなゲームなんかに出演するとき使う『別名』を、どうやら『裏名義』と呼ぶらしいです。ほぉ。
夜の社交場でいうところの『源氏名』みたいなものでしょうかね。

あっ、出演っても、あくまでも『声の出演』ですよっ!! (//∇//)

で、あすみんの裏名義はというと・・・・・。
そういったものには出演していない。ということでしたぁ。
なぜかちょっと「ホッ」。

 

阿澄佳奈の代表作

PSO2(PHANTASY STAR Online2)―パティ

 

● 『しゅごキャラ!』 ラン
● 2007年 『ひだまりスケッチ』 ゆの
● 『ARIA The ORIGINATION』 夢野 杏
● 『アマガミSS』 橘 美也
● 『WORKING!!』 種島ぽぷら
● 『翠星のガルガンティア』 メルティ
● 『這いよれ!ニャル子さんW』 ニャル子
● 『ニセコイ』 橘万里花

 

阿澄佳奈の受賞歴

◆2009年3月7日 第3回 声優アワード 新人女優賞
(一般投票期間:2008年10月1日 ~ 2009年1月1日)

◆2012年10月12日 第17回 アニメーション神戸にて主題歌賞(ラジオ関西賞)
テレビアニメ『這いよれ!ニャル子さん』のオープニングテーマ『太陽曰く燃えよカオス』で受賞されました。
松来未祐さん、大坪由佳さんと共に歌唱しています。(ユニット名は『後ろから這いより隊G(ニャル子×クー子×珠緒)』)

 

◆2013年3月2日 第7回 声優アワード 主演女優賞/歌唱賞(『後ろから這いより隊G』メンバーとして)
(一般投票期間:2012年10月1日 ~ 11月30日)

 

気になる年収は?

声優さんの年収って、いったいいくらぐらいが相場だと思いますか?
数千万~億のつく年収を取る人もいれば、数万~数十万にしかならず、アルバイトで生計を立てている人も多いと聞きます。

そんな厳しい現実の中で、阿澄佳奈さんのお給料はというと、2013年、2年目の新人のころからアニメ1本(30分)3万円いただいていたんだとか。
新人さんのお給料が1本1万5,000円、上限が4万5,000円相場だと言いますから、これはかなり高い水準であるうことが分かります。

アニメのアフレコの流れとしては、まず収録前に1度、流しで映像を観る ⇒ 映像を観ながら声を入れるテスト(ないしはランスルー含む) ⇒ ラステス(飛ばすこともある) ⇒ 本番となることが多いようです。
修正や指導を含めても2~3時間。
慣れていない開始初期であれば8時間かかるケースもあるそうですが。

ということで、アニメのアフレコ収録にかかる時間を3時間として単純に計算してみると、時給1万円。
週に1回(30分)放送されているアニメで、3時間×月4本=12時間なので、月12万円。

売れっ子さんなので、ラジオ出演やイベント出演、ライブ出演(チケット代の約7%が取り分)も掛け持ちされていて、なおかつアニメCD(ヴォーカリストに入る印税は約1%)にも出ていたり、可愛すぎるゆえプロモーションビデオなんかも・・・。

 

というわけで、年収を大予想!とか言っておきながら、全く予想がつかない、というのが正直なところです。
でもきっと、サラリーマンの平均年収(2015年は約440万)よりずっと上・・・1,000万円は超えているんじゃないかと思います。

詳しい収入については、また別記事に仕立てたいと思いますん♪

 

ちなみに、ゲーム音声の収録はまた別で、他の声優さんを入れずスタジオにひとり。
電話帳なみに分厚い台本を1日がかりで ひたすら読んで収録するんだそうです。
短くて8~9時間、長ければ半日~丸1日かかることもあるんですって。

 

それと、余談ですが。
とあるラジオ番組で、あすみんが予算編成を大暴露していました。
『ひだまりラジオ』の阿澄佳奈費用が200万円。
そのうちギャラが77万円、のど飴25万円、水20万円、ごはん33万円、宿泊45万円、と。

でもこれは冗談なのか本気なのか分かりません(笑)

 

声優ユニット『LISP〔リスプ〕』

 

2016-09-24_17h24_04 出典:news.mynavi.jp

81プロデュース所属の3人(阿澄佳奈、片岡あづさ、原紗友里)がユニットを組んで、2010年7月27日から2011年7月31日までの1年間、『LISP〔リスプ〕』という名前で活動していました。
白い衣装に身を包んだ美声のユニット。

キャッチフレーズは『キミとセツゾク』。
常に携えているノートパソコンでTwitterなどのSNSを駆使し、超至近距離で毎日ファンとコミュニケーションする、というコンセプトだったそうです。

デビュー曲は『かっこの数がワからなくって…』と、何とも頭の悪そうなタイトル。
そしてカップリング曲は『破壊的代入はありえません。』です。
サブカルの世界って、何や、いろいろワケの分からないことが多いです。

デビューシングルは配信限定だったので、残念ながら販売しているサイトは見つけられませんでした >_<

LISP Light In a Small Prism(ふぁみりすぷ準備室限定盤)

LISP Light In a Small Prism(ふぁみりすぷ準備室限定盤)

 

 

最後にあすみんのエンジェルボイスでバイバイ

 

出典:81プロデュース

さすが泣きの演技に定評のある阿澄佳奈さん。
これからの活躍が楽しみです♪

何がそんなにコンプレックスだったのか・・・ちっともヘン声じゃないのにね。

 

ブログランキングに参加しています。
ご声援をいただくと更新頻度が増えるかも♪
PSO2サポーターズリンク

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP